孤独の読書

考える。生き残るために

0429

メモを取る。

もともと、他の人と比べて、

もの忘れが激しいようだ。

 

メモを取ったことを忘れるくらいだ。

忘れるくらいだから、

それはたいしたことじゃない、

という考え方もできるが、

実際どうなんだろう。

 

手順の変更

当サイトは、

ポータルサイトにすることにした。

といっても、

とにかく書いたことをぶっこむ、

”ぶっこみサイト”なわけだ。

 

んで、ぶっこんでから、

振り分けることにする。

どこのカテゴリー(サイト)なのか?

 

え~っと、ってかんじ。

うーむまさに筆者の性格だ。

いずれにしても、とにかく

「書く」ということに専念したい。

そのための環境づくりだ。

 

書くための環境づくり。

なんにせよまずは、

書くことだ。

 

DOS攻撃

最近あまり見なくなったが、

以前よく見ていた配信者がいる。

久しぶりに見たのだけれど、

なんというか安心した。

 

そこにいる存在感。

たとえば「いいとも」

別に見なくてもいいのだ。

でも”そこにあることの安心感”

というわけだ。

 

その配信者が、

”通信が切れる”という攻撃を

受けているらしい。

それは「DOS攻撃」といって、

そういうツールが出回っているとのこと。

 

筆者も最近それを受けた。

しかもご丁寧に相手のTwitterのIDが

DOSなんちゃらなので、わかった。

 

現在の日本には、

金銭的損害がないかぎりは、

DOS攻撃に対する罰則がない。

 

なので、自衛するしか策がないのだ。

そもそもデータをネット上にアップする

ということは、

いってみれば「自分から晒している」

ということのなので、

とうぜん攻撃対象になることもある。

 

筆者も無差別攻撃を受けた。

”どう受け止めるかは、その人次第”とは

よくいったもので、

その人がイヤと言ったら、イヤなのだ。

 

何様なんだおまえは?と

言いたくなる。

クレーマー社会だ。

そういう一部の愚かな人達が、

むやみに刑事事件だの何だのと言うのだ。

 

刑事事件がどういうものか、

わかっていっているのか?

 

殺人や、強盗強姦と同じというのか?

まったくわからない。

 

まぁそういう人に限って、

いわゆる「バカのふり」をするのだ。

バカのふりをしてたくみに近寄り、

ブスッとナイフで刺すのだ。

そういうやり方なのだ。

きっといままでそうやってきたのだろう。

そしてこれからも、

そうやって生きていくのであろう。

 

汚いやり方だ。

そんなのは筆者は嫌いだ。

だから距離を取る。

というか世界が違う。

住む世界が。

 

もう勝手にやってくれ、

ッて感じ。

 

安心感に対してコストをかける。

そういう意味では、

一見「ムダ」に思えるものも、

意味があるといえる、

かもしれないのだ。

 

文字数

Googleに引っかかるには、

ひと記事1,000文字くらいが

必要だという。

 

他のさまざまなブロガー等に聞くと、

2000~3000字くらい書いて

いるらしい。

筆者はまぁひとネタでそこまでは

まだ書けない。

そのまでの技量に達していない、

ということを自覚している。

 

よってまずは小ネタで文字数を稼ぐ

ことにする。

あとは文章の持って行き方。

たとえば通信販売のテレビ番組の流れとか。

プレゼンの流れが、一貫しているのだ。

つまり、

ある一定の法則性がある。

そこに、変数を代入するのだ。

 

電気料金

電気料金といえば、さいきん

民間の電気会社が電気を供給するように

なったらしい。

思うに、まぁそうはいっても、

けっきょく既存の電力会社がいいのかもしれない。

 

喜び勇んで新しいものにして、

うまくいかず、

けっきょくもとに戻った、

なんてことが容易に想像がつくのである。

 

商売なんてそんなものだ。

ようはバカを騙すのだ。

バカは感情的だ。

バガをその気にさせ、

ワッショイさせ、

ひょいっとひっかける。

 

そういうものだ。

だから、「え?買ってくれんの?」

ってなモンだろう。

自信を持って商売している、

モノを売っているというヒトは、

あんがい少ないのかもしれない。

 

澁谷果歩

「TOEIC950点のAV女優」

日本は先進国だ。

ハッキリ言って。

 

先にエクスキューズしておく。

バカが湧くのを牽制するために。

筆者は職業差別・男女差別をする気は

毛頭ない。

興味が無い。

その上で書く。

 

日本は先進国だ。

だってTOEIC950なんて、

ほぼ満点だ。

秀才だ。

じゅうぶんすぎるほど秀才だ。

なのにAVに行くのだ。

 

ほかにも仕事なんていっぱいあるだろうに。

でも彼女はAVへ行った。

風俗産業は大昔から存在する。

歴史ある仕事だ。

そして身分階層的には、

最下層の仕事だ。

 

歴史のどの時点においても、

あるいはどこの民族においても。

文字通りカラダを売る仕事だ。

ふつうはやりたくない。

誰もやりたがらない。

 

でも今の日本はちがう。

AVがかっこいい、そう

思い込んでる若者がいるのだ。

これはまぁメディアの洗脳教育が

成功しているのだろう。

 

つまり「誰かがやらなければならない」のだ。

でも自分ではやりたくない。

なので、アテウマが必要なのだ。

すてごまが必要なのだ。

踏み台が。

 

誰かが笑うには、

誰かが泣かなければ、ならない。

永久に笑い続けるには、

永久に泣かし続けなければならない。

自分以外の誰かを。

 

それがふつうなのだ。

そういう意味では、

WINWINなんてありえない。

みんな仲良くなんて、

ありえない。

 

だから基本的に、仲良く

するのは、裏切るのが前提にある。

「さて、いつ裏切ればいいだろうか?

こう考えるのだ。

 

メモを取る。

もともと、他の人と比べて、

もの忘れが激しいようだ。

 

メモを取ったことを忘れるくらいだ。

忘れるくらいだから、

それはたいしたことじゃない、

という考え方もできるが、

実際どうなんだろう。

 

手順の変更

当サイトは、

ポータルサイトにすることにした。

といっても、

とにかく書いたことをぶっこむ、

”ぶっこみサイト”なわけだ。

 

んで、ぶっこんでから、

振り分けることにする。

どこのカテゴリー(サイト)なのか?

 

え~っと、ってかんじ。

うーむまさに筆者の性格だ。

いずれにしても、とにかく

「書く」ということに専念したい。

そのための環境づくりだ。

 

書くための環境づくり。

なんにせよまずは、

書くことだ。

 

DOS攻撃

最近あまり見なくなったが、

以前よく見ていた配信者がいる。

久しぶりに見たのだけれど、

なんというか安心した。

 

そこにいる存在感。

たとえば「いいとも」

別に見なくてもいいのだ。

でも”そこにあることの安心感”

というわけだ。

 

その配信者が、

”通信が切れる”という攻撃を

受けているらしい。

それは「DOS攻撃」といって、

そういうツールが出回っているとのこと。

 

筆者も最近それを受けた。

しかもご丁寧に相手のTwitterのIDが

DOSなんちゃらなので、わかった。

 

現在の日本には、

金銭的損害がないかぎりは、

DOS攻撃に対する罰則がない。

 

なので、自衛するしか策がないのだ。

そもそもデータをネット上にアップする

ということは、

いってみれば「自分から晒している」

ということのなので、

とうぜん攻撃対象になることもある。

 

筆者も無差別攻撃を受けた。

”どう受け止めるかは、その人次第”とは

よくいったもので、

その人がイヤと言ったら、イヤなのだ。

 

何様なんだおまえは?と

言いたくなる。

クレーマー社会だ。

そういう一部の愚かな人達が、

むやみに刑事事件だの何だのと言うのだ。

 

刑事事件がどういうものか、

わかっていっているのか?

 

殺人や、強盗強姦と同じというのか?

まったくわからない。

 

まぁそういう人に限って、

いわゆる「バカのふり」をするのだ。

バカのふりをしてたくみに近寄り、

ブスッとナイフで刺すのだ。

そういうやり方なのだ。

きっといままでそうやってきたのだろう。

そしてこれからも、

そうやって生きていくのであろう。

 

汚いやり方だ。

そんなのは筆者は嫌いだ。

だから距離を取る。

というか世界が違う。

住む世界が。

 

もう勝手にやってくれ、

ッて感じ。

 

安心感に対してコストをかける。

そういう意味では、

一見「ムダ」に思えるものも、

意味があるといえる、

かもしれないのだ。

 

文字数

Googleに引っかかるには、

ひと記事1,000文字くらいが

必要だという。

 

他のさまざまなブロガー等に聞くと、

2000~3000字くらい書いて

いるらしい。

筆者はまぁひとネタでそこまでは

まだ書けない。

そのまでの技量に達していない、

ということを自覚している。

 

よってまずは小ネタで文字数を稼ぐ

ことにする。

あとは文章の持って行き方。

たとえば通信販売のテレビ番組の流れとか。

プレゼンの流れが、一貫しているのだ。

つまり、

ある一定の法則性がある。

そこに、変数を代入するのだ。

 

電気料金

電気料金といえば、さいきん

民間の電気会社が電気を供給するように

なったらしい。

思うに、まぁそうはいっても、

けっきょく既存の電力会社がいいのかもしれない。

 

喜び勇んで新しいものにして、

うまくいかず、

けっきょくもとに戻った、

なんてことが容易に想像がつくのである。

 

商売なんてそんなものだ。

ようはバカを騙すのだ。

バカは感情的だ。

バガをその気にさせ、

ワッショイさせ、

ひょいっとひっかける。

 

そういうものだ。

だから、「え?買ってくれんの?」

ってなモンだろう。

自信を持って商売している、

モノを売っているというヒトは、

あんがい少ないのかもしれない。

 

澁谷果歩

「TOEIC950点のAV女優」

日本は先進国だ。

ハッキリ言って。

 

先にエクスキューズしておく。

バカが湧くのを牽制するために。

筆者は職業差別・男女差別をする気は

毛頭ない。

興味が無い。

その上で書く。

 

日本は先進国だ。

だってTOEIC950なんて、

ほぼ満点だ。

秀才だ。

じゅうぶんすぎるほど秀才だ。

なのにAVに行くのだ。

 

ほかにも仕事なんていっぱいあるだろうに。

でも彼女はAVへ行った。

風俗産業は大昔から存在する。

歴史ある仕事だ。

そして身分階層的には、

最下層の仕事だ。

 

歴史のどの時点においても、

あるいはどこの民族においても。

文字通りカラダを売る仕事だ。

ふつうはやりたくない。

誰もやりたがらない。

 

でも今の日本はちがう。

AVがかっこいい、そう

思い込んでる若者がいるのだ。

これはまぁメディアの洗脳教育が

成功しているのだろう。

 

つまり「誰かがやらなければならない」のだ。

でも自分ではやりたくない。

なので、アテウマが必要なのだ。

すてごまが必要なのだ。

踏み台が。

 

誰かが笑うには、

誰かが泣かなければ、ならない。

永久に笑い続けるには、

永久に泣かし続けなければならない。

自分以外の誰かを。

 

それがふつうなのだ。

そういう意味では、

WINWINなんてありえない。

みんな仲良くなんて、

ありえない。

 

だから基本的に、仲良く

するのは、裏切るのが前提にある。

「さて、いつ裏切ればいいだろうか?

こう考えるのだ。

 

 

広告を非表示にする