孤独の読書

考える。生き残るために

あやしい彼女

映画を見ると見は

たいていがレイトショーで

2200に始まって、

0時過ぎに終わる、

みたいな感じ。

 

んで夜の街を自転車で

走りながら、

さっきの映画を思い出し、

考える時間にはちょうどいい。

 

夜の街と言っても、

筆者の場合は田舎なので、

ほとんどが車だ。

 

筆者は自家用車をもってないので、

自転車。

夜中の0時に農道を走るのは、

はっきり言って筆者くらいだ。

 

都会の夜なら、

もしかしたらジョギングの

人なんかもいるのかもしれない。

 

でも田舎でジョギングなんかしない。

そもそも日々の労働があるのだ。

農作業とか。

つかれてんのに走るのか?

ってかんじ。

 

まぁ他にいろいろ思惑が

あるのだろうけど。

じゃなかったら、あんな

カッコつけて走る必要が無い。

 

どうせ汗で汚れるのに。

なんでわざわざおしゃれしなければ

ならないのか。

 

つまりデルタEだ。

デルタEを知っている。

そうじゃなきゃ、

そんなことはしない。

 

わかりやすく

受ける商品を作るには、

「個性的なものではなく普通のもので、

高度なものではなく分かりやすいもので、

複雑なものではなくシンプルなもので、

それでいて未だ世界に存在して

いないものを見つけ出すこと

 

みてもらうことが前提なのだ。

 

気づいてもらう

見てもらい

手にとってもらう

 

バカは、バカだから。

バカに気づかせてあげる必要がある。

バカが望む世界を、

こちらは安全圏から、

見せてあげる。

 

これまでの人生で、一度だけ

風俗に行ったことがあって。

 

こういうのも性格が出る。

筆者は決して友達と行きたくはなかった。

 

初体験は知人の誰にも知られず、

ひっそりとやりたかった。

 

堀之内に行った。

店が多い。どこが良いのかよくわからない。

適当な店に、

入るのにすごく勇気がいった。

 

なんだろう、あの感じ。

たとえば、レンタルビデオ屋の

アダルトコーナー。

 

今となってはなんでもない。

でもあの薄いノレン1枚が、

すごく分厚い壁のような気がしていた。

 

まあそういう意味では、

きっと風俗店の入り口も、

そうなのだろう。

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

 

とはいっても初心者君には、

ハードルが高かった。

意を決して、ひとつの店に入った。

 

中は何もない部屋。

まあ実際は椅子があって、

受付の窓口があって。

そこで女を選ぶんだけど。

 

入店したのに、

いちど退店した。

そこがもうダメだ。

 

んでしばらくぶらつく。

別の店にしようか、考えた。

でもなんとなく、

同じ店に入った。

 

理由はわからない。

受付の窓の向こうには

こわそうな男がいて、

女を選ぶメニュー表を出してきた。

 

このなかから選べ、

というわけだ。

いま選択可能な女と、

そうでない女がいた。

 

筆者が選びたい女は、

「いま選べません」と

太く冷たい声で言われた。

 

その時点で心は折れていた。

男は、さきほどから筆者の

動きを見ていたのだろう。

 

不審な客だ、と思っていたに違いない。

でもここまで来たら、

なんとか突破したい。

 

しょうじきすごく帰りたかった。

でも、経験したいという気持ちのほうが

勝った。

 

女の衣装が選べたが、

オプション料金だということだ。

選ばなかった。

 

奥へ行くと、

ビードールの女が出てきた。

正直、かわいくもなんともなかった。

それより今から何が始まるのか、

それを考えるので頭がいっぱいだった。

 

自分が嫌だった。

 

正直に、女に言った、

「こういう店は、初めてだ。

どうすればいいかわからない」

女は、事務的に教えてくれた。

 

まずは風呂に入り、

歯を磨く。

イソジンでうがいをする。

 

筆者は知らなかったのだが、

うがいをするということは、

キスをしたり、

女のカラダに筆者の口が触れる

ことを想定しているのだろう。

 

筆者はもちろん、

口は女にふれなかった。

キスもしなかった。

 

そんな発想がなかった。

それをしなかった自分が、

嫌で嫌でしょうがない。

 

やっけおけばよかった。

そうか、こういう感情になるのか。

これが後悔か。

 

鈴木は偉そうに何言ってるんだ。

 

その後は、ベッドかマットの、

どちらかを選ぶ。

たいていの男はベッドを選ぶそうだ。

 

筆者はマットを選んだ。

ローションプレイというのを、

やってみたかった。

 

マットは壁に立てかけてあり、

女は上手に蹴飛ばして、

大きなマットを寝かせた。

 

筆者も寝て、ローションを

かけられた。

まったく立たなかったし、

射精もしなかった。

 

緊張していたのだろう。

女は何度も腰を振り、

演技をしてくれた。

 

途中で、「もう疲れた」と

言っていた。

 

時間になり、

金を払った。

 

筆者はもう今後、

風俗は行かないなと思った。

 

現在も行っていない。

まあたった1店で判断するのも

どうかとおもうが、

しかし安くないカネを払って

わざわざ堀之内まで行ったのに、

たいしたサービスもしてくれず、

射精もできなかった。

 

まあそれにかんしては

こっちにも問題があるんだろうが。

 

・・・こっちに問題があるのだろうか?

であれば、筆者は風俗と

相性が悪い。

ただ高いだけでなんの特もしない、

そんな場所に行く理由はない。

結果と過程

評価基準

その人のくだす評価基準が、

結果を重視するのか、

過程を重視するのか?

という話だ。

 

先に結論から言えば、

”どっちでもない”といえる。

冷静な思考の人は、

そう認識できる。

 

しかし残念なことに、

多くの人はそこまで

認識できない。

 

みんな自分のことで

毎日いそがしいから。

 

これを自己中心的という。

でもそれがふつうだ。

だって多くの人が「そう」だから。

 

多くの人は「結果」を求める。

はやく結果が欲しい。

はやく結果にたどり着きたい。

 

なぜなら、そうすれば

時間が短縮できるから。

時間は大事だ。

 

失った時間は、戻らない。

それは正しい。

筆者も賛同する。

 

しかしそれは、

「部分的には正しい」といえる。

つまり「全部が正しい」とは

思わない。

 

ようするに、とおまわり

したほうが、結果として

本人のためになることだって、

じゅうぶんにあるのだ。

 

はやく成功することが、

はたしてそんなに良いことか?

 

カンタンに成功を手に入れた人は、

自分がなぜ成功したのか、

分析を行うだろうか?

 

おそらく、分析は

しないだろう。

 

現状に満足して、

ライバルたちに追い抜かれるのが

目に見えている。

 

「型」をやぶる

型破り、という言い方がある。

型破りというのは、

その前提として、「型」がある。

 

それを「やぶる」のだ。

つまり、型なくして、

型破りはできない。

 

つまりは、先に型があるのだ。

 

小学校の算数のかけ算では、

”かける数”と”かけられる数”

というのをならう。

 

たとえば、

「ミカンが6こずつ、3枚の皿に

並べます。ミカンはなんこいりますか?」

 

みたいな問題。式と答えは、

6×3=18

必要なミカンの数は、18こだ。

 

カンタンに思うだろうか?

たしかに、問題のときかた

自体はカンタンだ。

 

しかし、この式を、

「3×6」としては、

マチガイなのである。

 

は?

と思うだろう。

 

大人であれば、かけ算なんか

どちらから計算しても、

答えが同じことを知っている。

 

というか、九九表を見ても、

同じことが分かる。

 

しかし、文章問題では、

バッテンをくらうのだ。

 

なぜか?

 

それは、”文脈に合ってないから”。

 

くわしい解説は割愛するが、

とにかく、

 

「答えがあってさえすれば、

途中式なんかどうでもいい」

というのは、マチガイ

というのが、これでわかる。

 

言いかえれば、

途中式こそ、たいせつなのだ。

 

”いったいどうやって、

この答えにたどり着いたのか?”

そこが重要だ。

 

現実の限界

しかしそうはいっても、

たとえばマークシートなんかは、

塗りつぶしになっている。

 

途中式が手書きでかけない。

つまり”言い訳がきかない”のだ。

 

いやまてよ、これは見かたを

変えれば、「途中なんてどうでもいい」

ということの、裏返しではないか?

 

”結果のみあってればOK”の

考え方は、長期的に見れば、

その人あるいはその集団の

ためにならない。

 

なぜなら、その「結果」とやらが、

どうやって手に入れたのか、

誰も知らない、気にならないから。

 

たとえば、激安食材。

いったいどこから、来たのだろう。

原産国は?

 

・・まぁいっか。安いし。

これで、いいのだろうか?

 

 

もちろん、選択の自由がある。

なにをどう選ぼうか、それは

カネを出す人の自由だ。

 

結果重視派=さんま、

過程重視派=紳助

結果を重視する傾向にある人は、

途中なんてどうでもいい。

 

いや、正確に言えば、

ほんとうは、その結果を得るために

とても努力をしている、

あるいは、

つらい思いをしているのかもしれない。

 

でも、それを表に出さない。

なぜなら、それに価値が

あると思ってないから。

 

なんだったら、見せたくない。

そうやって、相手に与える

イメージをコントロールしている。

 

さんまさんなどは、

特にそうだろう。

面白ければいい。

 

どんなことがあっても、

笑いに変える。

 

 

いっぽうで、紳助さんのような人。

過程を重視する人は、

 

(ちなみに、結果を重視しないとは、

言ってない。むしろ、

結果を重視したうえで、

プラス過程も重視する。

 

ある意味では、紳助さんタイプの人は、

結果派と違った厳しさがあるかも

しれない)

 

きちんと途中を大事にする。

大事なのは結果だけではない。

 

その中で何が合ったか。

何を感じたか。

それに注目する。

 

「素敵やん」とか、

まさにピッタリのフィレーブだろう。

 

ひとつ言いたいのは、

どっちかってことはない。

 

だれしも、両方が存在する。

問題はその割合だ。

 

割合に応じて、

相手への態度を変える。

つまり、

「どうすれば相手のためになるか」

それを考えるのだ。

 

そうすることで、

相手の考えを先回りして

読み取ることができる。

 

結果として、自分自身の

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

ためにもなるのだ。

 

 

まとめ

コインにオモテとウラがあるように、

ヒトにもおなじことが言える。

 

オモテがあって、ウラもある。

ふたつはひとつ。

 

どちらがまえで、

どちらがうしろか。

 

どちらでもあり、

どちらでもない。

 

オモテが厚い人もいる

ウラが厚い人もいる。

両方うすい人もいる。

いろいろだ。

 

あくまで「割合」の話だ。

環境で割合は変化する

 

 

 

 

理想は一本、現実は得点

ホームランはかっこいい。

いつか打ってみたい。

 

野球をする人は、いちどは

こう考えるだろう。

 

しかし、ホームランは

カンタンではない。

 

・・なんてことは、

誰もが知っている。

 

野球をやったことがなくても。

 

いつ成功するかわからない

ホームランをねらうより、

小さなヒットをたくさん

打ったほうが、全体としては、

得点が高いのではないか?

 

つまり、”勝ちにつながる”

のではないか?

 

小さなヒットであれば、

少なくともホームランより、

難易度が低い。

 

そもそも、やとうとしているコトが

小さなヒットだから、

精神的負担が軽い。

 

それを、つなぐのだ。

そう考えると、

ホームラン狙い、というのは、

ひとつのゴラク、と

言えるかもしれない。

 

ほんとうは、小ヒットもうてる。

打てる技術がある。

 

でも、やらない。

なぜか?

 

それは失敗に対する、

リスクヘッジだ。

 

「失敗した」というデータが

残るのだ。

失敗をみんなの前でさらす。

 

それについて、みんなが

理解があればよい。

でも実際は、それはない。

 

だから、なるべく失敗は

見せない。

それがプロなのだ。

 

アンチ牽制

「安心感」とか「親近感」なんてのは、

体のいい言い方だ。

 

つまり、ナメたいのだ。

自分が上に立ちたい。

マウントをとりたい。

 

そういう輩は一部いる。

 

自分で言うのも何だが、

筆者は「そういうヒトタチ」に

ついて、あまりにも無知だった。

 

世間知らずだった。

今なら分かる。

 

別に立ち向かおうなんて気は、

まったくない。

そうではなくて、そもそも

住む世界が違うのだ。

 

違うくせに、彼らは

足を引っ張ってくる。

 

そこを牽制しなくては、

ならない。

「守るための努力だ」

 

彼らは寄生虫だ。

シロアリみたいなものだ。

 

甘い汁をたくみに見つけては、

スキマからはいりこんでくる。

 

もちろん、そういう生き方なのだから、

否定はしない。

 

ただ相手を変えてほしい。

あいにく話の通じる相手ではないため、

こちらとしてできることは、

「相手に諦めてもらう」

ほかない。

 

つまりこれが”納得してもらう”と

いうことなのだが。

 

彼らに対してこうまで

気をつかってあげるのが、

そもそもおかしい気もするんだけど、

彼らノイジーマイノリティは、

粘着されたらひじょうに

やっかいだ。

 

さっさと他に行って

もらうのが、現時点での

最適解といえるだろう。

 

税金パターン

小ヒットを重ねる、

という意味では、

日本の税金の取り方も

ひじょうに参考になる。

 

「ナントカ税」といって、

いくつも存在する。

 

多いのは、自動車関係だ。

車検、重量税、

購入税、ガソリン税

通行料、、

 

まぁとにかくいろいろある。

税金をデッカク取ると、

反発が大きい。

 

というかそもそも、

「無い袖は振れない」

つまり、

”カネがなければ、

支払いもできない”のである。

 

ようするに、小さく小さく、

それでいてジワジワと、

カネを絞りとる。

 

それが現実的なやり方なのだ。

 

この国を運営しているのは、

首相ではない。

もちろん国民でもない。

 

それは、官僚だ。

官僚はかしこい。

 

官僚の給料は、税金だ。

官僚は自分のためなら

なんでもやる。

 

国民のことなんて、

なんにも考えてない。

 

その証拠に、少しでも

考えていたら、そもそも

官僚になんて、なっていない。

 

たいせつなことは、

彼らにかみつくことではない。

 

そうではなく、

「彼らから学ぶ」ことだ。

 

”小さくたくさん”取ること。

そうすれば、それをあつめれば、

デッカクなるのだ。

 

だって、自分のためだもの。

国民なんてどうでもいい。

 

そういう、割りきった考えを

持つことだ。

ドライになること。

それも重要だ。

 

格闘技からの視点

「大きな一本より、

小さな得点」というのは、

ひじょうに含蓄がある。

 

たとえば柔道などがそうだ。

日本人は、一本を取りたがる。

 

なぜなら、柔道とは

「そういうもの」と教わっているから。

 

昔から、そうだから。

ようするに、

そういう思い込みなのだ。

 

しかし、プロ格闘ゲーマーは、

まったく逆だ。

 

たとえばアメリカ人の選手は、

大技を狙いに来る。

それで失敗して自滅する

パターンが多い。

 

それに対して、日本人選手は、

「型」を重視する。

 

型、というのは、

たとえば連続技。

 

小さな技をつなげていき、

ひとつの流れを作る。

 

それが「型」だ。

 

戦い方がカタイといえる。

 

なので、

アメリカ人プレイヤーとは

やりにくりらしい。

 

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

 

 

なぜかというと、

米プレイヤーは、かかんに、

とにかく攻めてくるからだ。

 

確実にイケる、という部分ではなく、

とにかくイケイケで来る。

 

そこに、日本人選手の

リズムが崩されるというのだ。

 

反対に、日本人が

やりやすい相手は、

たとえばフランス人選手だ。

 

フランスのプレーヤーは、

「待ち」が多い。

待ちスタイルだ。

 

日本人にはそれがチャンスだ。

 

どういうことかというと、

フランス人が待っている間に、

日本人選手は、しっかり

スキをうかがい、

技を発動するのだ。

 

だからその意味で、

「やりやすい」相手と言える。

 

まとめ

”相手に合わせる”のは、

あるていどは必要だ。

 

しかしそれ以上に、

「自分の型」をつくり上げるのが、

再優先だ。

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp

 

 

kodoku.hatenablog.jp